Subscribe Now
1月19th

メンタルヘルス業務に対応できる産業医を確保する

一定以上の規模の会社に設置が義務付けられている産業医、働く私たちの健康を守る大切な存在ですが、体の不調だけでなく心の問題にまで対応しなくてはいけない産業医の仕事は思った以上にハードです。本人だけでなく、家族、同僚、そして上司など様々な立場の人たちとやり取りをする必要がある産業医は、高いコミュニケーション能力も試されます。

また、業績の悪化などで、コスト削減など業務に関する合理化が図られる中で、産業医も例外ではなく厳しい立場に立たされているのです。義務付けられている最少人数での運営を強いられる事も多く、十分な対応が取れていない企業も多いのではないかと思います。

特ににメンタルヘルスに関する業務に対応できる産業医が求められており、そういった人材をコストをかけずに確保するためには、是非⇒⇒⇒こちらのサイトをご覧いただきたいと思います。

アドバンテッジ リスクマネジメントは、不足しがちなメンタルヘルス業務に対応できる産業医を、待機時間をなくして効率よく運用することで、会社にとっても低コストで、そして労働者にとっても十分なケアを受けられるなど、双方にメリットのあるサービスを提供しています。

これまでのノウハウを生かして、どの業種でもそれに応じた適切な対応を取ることが出来ますので、一定以上の品質のサービスをすぐに受けることが出来ます。